リフォーム

自宅のリフォームはもとより、大家さんなら賃貸住宅もリフォームはつきもの。費用をおさえて見栄えよく、住宅価値があがるリフォームをするための情報を集めていきます。


【無料】リフォームの見積り比較サイト【タウンライフリフォーム】

中古住宅 リフォーム
0

    JUGEMテーマ:リフォーム

     

    個人で居住するために中古住宅を買ってリフォームする場合は特に問題はないですが、賃貸にするために中古住宅を買ってリフォームする場合はその費用の処理はいろいろ複雑です。

    リフォーム費用は「全額修繕費として必要経費にできる」と思っていると落とし穴が・・・

     

    まず、買ってすぐに外壁塗装などのリフォームをすると、それは不動産の取得費とみなされることがあります。

     

    また、リフォームの内容によっては修繕費ではなく、資本的支出とみなされることがあります。修繕費は原状回復ですが、資本的支出は機能を高めたり付加価値をつける変更のことになります。外壁だったらタイル張りにするとか、畳をフローリングに変えるとか、元に戻す以上の価値をつけたという意味です。資本的支出とみなされると、その費用は減価償却することになります。

     

    取得価格の半分以上の金額のリフォームをすると、法定耐用年数が元に戻ってしまいます。

     

    通常中古住宅は法定耐用年数が残っている場合は、

    (法定耐用年数ー経過年数)+ 経過年数×20%

     

    残っていない場合は、法定耐用年数×20%

     

    という計算式を使います。すると償却期間は短くなるので、1年間で償却できる金額は大きくなります。

     

    でも、上記のあまりに高額なリフォームをした場合は、新築したのと同じとみなされて、木造なら法定耐用年数である22年で償却することになってしまいます。

     

    法定耐用年数がきれた木造住宅の場合償却期間は計算式では4年なので、22年との差は大きいです。

     

    リフォームの費用について不安なことがあったら税理士さんに相談してみましょう。

    | リフォーム 経費 | 21:28 | comments(0) | - |
    リフォーム工事 内訳
    0

      JUGEMテーマ:リフォーム

       

      リフォーム工事を依頼すると内訳がついてきます。これでどんな工事にいくらかかるのかを大まかに知ることができます。

      内訳で使われる代表的なものとその意味

      仮設工事・・・足場をくんだりリフォームしない場所を傷つけないようにするなでの工事準備

      解体・撤去工事・・・リフォームする部分から不要なものを解体して撤去する。

      木工事・・・大工さんが木材を使って行うすべての工事

      建具工事・・・屋内のドアや引き戸、障子など(木製建具工事)、サッシなど(鋼製建具工事)

      内装工事・・・フローリングや壁紙、床・壁・天井の下地と仕上げ工事

      給排水設備工事・・・給排水の配管工事、キッチンなどの水回り設備とりつけなど。機器代金を含む

      電気工事・・・屋内の電気配線工事、屋外からの引き込み工事を含むこともある。

      左官・タイル工事・・・漆喰や珪藻土、モルタルを塗るような工事が左官。タイル工事はタイルを張る。

      塗装工事・・・床や壁に塗装する

      家具工事・・・収納や洗面カウンターを造作する

      諸経費・・・現場管理や営業経費


      さらに詳しくみるにはこのあとの明細をみる必要があります。
      どこにどんな材料を使うのか、キッチンやバスのメーカーや型番が書いてあるはずです。

      比較するときには総額だけでなく明細までみてみる必要があります。

      | リフォーム 経費 | 00:02 | comments(0) | - |
      リフォーム 補助金
      0

        JUGEMテーマ:リフォーム

        リフォームの補助金にはどんなものがあるのか調べてみたのですが、すでに終わっているものも多かったです。

         

        リフォーム補助金は一定期間の間行われて終了するものなので、常に最新の情報が必要なんだなってわかりました。

        自治体単位でのリフォーム補助を探すのに便利なサイトがありましたが、そこも最新の情報は自治体に問い合わせるように書いてありました。

         

        補助金のことを調べていたら税制優遇措置についてもみつけました。
        一定の要件を満たすリフォームをすると減税をうけられることがあるそうです。

         

        優遇をうけられる税の種類は、

        1.所得税の控除

        2.固定資産税の減額

        3.贈与税の非課税措置

        4.登録免許税の軽減

        5.不動産取得税の特例措置

        などがありますが、それぞれ要件が決まっています。

         

        一般財団法人住宅リフォーム推進協議会が出している冊子・住宅リフォームガイドブックにまとまっていました。

         

        制度を利用するには、必要書類をそろえて申請する必要があります。
        冊子の中ではリフォーム業者に確認するようにとしてありました。

         

        たしかにリフォーム業者の方が制度について詳しそうですよね。

         

        | リフォーム 経費 | 01:39 | comments(0) | - |
        賃貸 リフォーム 用途変更
        0

          JUGEMテーマ:リフォーム

           

          大家さんが賃貸物件の場合のリフォームするときの話。

           

          居住用の空き室期間が長いのでテナントとして賃貸するためにリフォームしたときは費用は修繕費ではなく資産計上です。

          更地にして駐車場にしたなども同様。

           

          修繕費はあくまで元通りにすることなので、機能や利用方法を変えると資産計上になるそ

          | リフォーム 経費 | 01:09 | comments(0) | - |
          賃貸 リフォーム
          0

            JUGEMテーマ:リフォーム

             

            大家さんが賃貸物件のリフォームをするとき、リフォーム代金は経費でおとすと思いますが、内容によっては修繕費ではなく、資産計上になるので注意が必要です。

            修繕費は破損個所の修繕、定期的な修繕のために支出で、原状回復が目的です。

            資本的支出は、使用可能期限を延長する、または資産の価値を増加させることで、建物や部屋の用途を変えるのもこれにあたります。

             

            修繕費は費用を一度に必要経費にできますが、資本的支出は減価償却です。

            この判断をするときのおおまかな基準は20万円未満なら修繕費にしても問題ないと税金の本にかいてありました。20万円以上になると判断が必要になってきます。

             

            例として。

            給湯器が故障して交換(15万円)→修繕費

            エレベーターの部品の交換(120万円)→修繕費

            和室をフローリングに変えた(19万円)→金額から修繕費。20万円以上なら資本的支出。

            床の穴を直した(25万円)→修繕費

            壁紙床材などの原状回復(100万円)→修繕費

            全室をカラーインターホンに変更(1室あたり3万円、トータル84万円)→1室あたりが20万円未満なので修繕費にできる。

            鳩ネット取り付け(100万円)→もともとあったのを交換したら修繕費。あらたに設置しても消耗品費。

            外壁塗装をやめてタイル張りにした→資本的支出

            屋上防水(100万円)→修繕費

            自転車置き場を新設→資本的支出

            バランス釜をユニットバスに変更→資本的支出

            植物の選定費用は修繕費。

            鉄製のポストが錆びてつかえなくなったのでステンレスのポストに変更→鉄製の見積り分が修繕費、ステンレスとの差額は資産計上。全体を資産計上にしてもよい。

             

            最初にも書きましたが、現状回復なのか資産価値アップなのか、さらに20万円をこえているのかが分かれ目です。

             

            最後にデザイン料。エントランスや看板のデザインを一括でたのんだ場合、デザイン料は看板に半分、エントランスに半分と考えます。それを工事費に上乗せして20万円を超えるかで判断することになります。
             

            判断に迷ったら税理士さんに相談です。不動産に強い税理士さんがいると安心です。

             

             

            | リフォーム 経費 | 23:46 | comments(0) | - |