リフォーム

自宅のリフォームはもとより、大家さんなら賃貸住宅もリフォームはつきもの。費用をおさえて見栄えよく、住宅価値があがるリフォームをするための情報を集めていきます。
<< リフォーム会社 | main | 賃貸 リフォーム 用途変更 >>


【無料】リフォームの見積り比較サイト【タウンライフリフォーム】

賃貸 リフォーム
0

    JUGEMテーマ:リフォーム

     

    大家さんが賃貸物件のリフォームをするとき、リフォーム代金は経費でおとすと思いますが、内容によっては修繕費ではなく、資産計上になるので注意が必要です。

    修繕費は破損個所の修繕、定期的な修繕のために支出で、原状回復が目的です。

    資本的支出は、使用可能期限を延長する、または資産の価値を増加させることで、建物や部屋の用途を変えるのもこれにあたります。

     

    修繕費は費用を一度に必要経費にできますが、資本的支出は減価償却です。

    この判断をするときのおおまかな基準は20万円未満なら修繕費にしても問題ないと税金の本にかいてありました。20万円以上になると判断が必要になってきます。

     

    例として。

    給湯器が故障して交換(15万円)→修繕費

    エレベーターの部品の交換(120万円)→修繕費

    和室をフローリングに変えた(19万円)→金額から修繕費。20万円以上なら資本的支出。

    床の穴を直した(25万円)→修繕費

    壁紙床材などの原状回復(100万円)→修繕費

    全室をカラーインターホンに変更(1室あたり3万円、トータル84万円)→1室あたりが20万円未満なので修繕費にできる。

    鳩ネット取り付け(100万円)→もともとあったのを交換したら修繕費。あらたに設置しても消耗品費。

    外壁塗装をやめてタイル張りにした→資本的支出

    屋上防水(100万円)→修繕費

    自転車置き場を新設→資本的支出

    バランス釜をユニットバスに変更→資本的支出

    植物の選定費用は修繕費。

    鉄製のポストが錆びてつかえなくなったのでステンレスのポストに変更→鉄製の見積り分が修繕費、ステンレスとの差額は資産計上。全体を資産計上にしてもよい。

     

    最初にも書きましたが、現状回復なのか資産価値アップなのか、さらに20万円をこえているのかが分かれ目です。

     

    最後にデザイン料。エントランスや看板のデザインを一括でたのんだ場合、デザイン料は看板に半分、エントランスに半分と考えます。それを工事費に上乗せして20万円を超えるかで判断することになります。
     

    判断に迷ったら税理士さんに相談です。不動産に強い税理士さんがいると安心です。

     

     

    | リフォーム 経費 | 23:46 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする