リフォーム

自宅のリフォームはもとより、大家さんなら賃貸住宅もリフォームはつきもの。費用をおさえて見栄えよく、住宅価値があがるリフォームをするための情報を集めていきます。


【無料】リフォームの見積り比較サイト【タウンライフリフォーム】

トイレリフォーム ポイント
0

    JUGEMテーマ:リフォーム

     

    トイレは毎日使う場所なので掃除が楽で快適に保てるようにしたいです。

     

    便器をきれいに保つ機能がいろいろ開発されています。汚れが落ちやすい素材を使ったり、便器のフチをなくしたり。

    床材にフローリングは見栄えはいいですが、トイレは湿気が多く、アンモニアや洗剤がとびちりやすい場所。数年で黒ずみがでてしまうことも。消臭対宅をしたセラミックタイルなどを使うとよさそうです。お金をかけるなら、掃除が楽になる方にしたいですよね。

     

    将来介護が必要になったときのためには、二人入れるようにしておくとか、扉は引き戸か外開きにしておくのがよいです。手すりも最初からつけておくとデザインが選べるし、あとからつけるより簡単。

     

     


    便座の開閉から便器洗浄まで自動でやってくれるフルーオート機能のトイレを選んでおくといいかも。

     

     

     

    | トイレ リフォーム | 00:09 | comments(0) | - |
    リフォーム 窓
    0

      JUGEMテーマ:リフォーム

       

      家が寒くなる一番の原因は窓から熱が逃げるから。

      ペアガラスにすると断熱効果が大きいと聞くけど、工事が大変そう。
      しかし、今ではそれほど手間がかからずペアガラスにするリフォーム方法があるそうです。

       

      リフォーム会社のホームページによると

      内窓をつける方法は、1つの窓で2時間半〜半日

      壁を壊さず窓を交換する方法は、一つの窓で約60分

      ガラスを替える方法は、1つの窓で約30〜60分

       

      断熱効果だけでなく、結露防止、防音や防犯効果も見込めるそうです。
      メーカーの説明では光熱費も下がるということだし、予算が許せばやってみたいリフォームです。

       

      特に冬は切実にやりたくなる!


       

      | リフォーム | 23:21 | comments(0) | - |
      中古住宅 リフォーム
      0

        JUGEMテーマ:リフォーム

         

        個人で居住するために中古住宅を買ってリフォームする場合は特に問題はないですが、賃貸にするために中古住宅を買ってリフォームする場合はその費用の処理はいろいろ複雑です。

        リフォーム費用は「全額修繕費として必要経費にできる」と思っていると落とし穴が・・・

         

        まず、買ってすぐに外壁塗装などのリフォームをすると、それは不動産の取得費とみなされることがあります。

         

        また、リフォームの内容によっては修繕費ではなく、資本的支出とみなされることがあります。修繕費は原状回復ですが、資本的支出は機能を高めたり付加価値をつける変更のことになります。外壁だったらタイル張りにするとか、畳をフローリングに変えるとか、元に戻す以上の価値をつけたという意味です。資本的支出とみなされると、その費用は減価償却することになります。

         

        取得価格の半分以上の金額のリフォームをすると、法定耐用年数が元に戻ってしまいます。

         

        通常中古住宅は法定耐用年数が残っている場合は、

        (法定耐用年数ー経過年数)+ 経過年数×20%

         

        残っていない場合は、法定耐用年数×20%

         

        という計算式を使います。すると償却期間は短くなるので、1年間で償却できる金額は大きくなります。

         

        でも、上記のあまりに高額なリフォームをした場合は、新築したのと同じとみなされて、木造なら法定耐用年数である22年で償却することになってしまいます。

         

        法定耐用年数がきれた木造住宅の場合償却期間は計算式では4年なので、22年との差は大きいです。

         

        リフォームの費用について不安なことがあったら税理士さんに相談してみましょう。

        | リフォーム 経費 | 21:28 | comments(0) | - |
        リフォーム費用
        0

          JUGEMテーマ:リフォーム

           

          リフォームの見積りをとると内訳や明細のついた見積もりがもらえます。

          しかし、それ以外にかかる費用があります。

           

          工事請負契約の印紙代。請負代金により1000円〜15000円

           

          近隣への手土産挨拶。騒音などが予想される場合2週間前くらいに挨拶にいって工期などの説明をしておいた方がよいでしょう。リフォーム会社のHPでは1戸あたり500円程度となていましたが、迷惑の度合いや日頃の付き合いで手土産を決めればいいと思います。

           

          リフォームの内容や工期によっては仮住まいに移る必要があります。引越し費用や仮住まいの家賃が発生します。

           

          人によっては不用品を処分するとかトランクルーム代金がかかります。

           

          ときどきは職人さんへお菓子をもっていったり、親方にご祝儀を包むということもあるそうです。Yahoo知恵袋では1万円程度を包んでおくとよいと回答している人がいました。

           

          実際に工事が始まったら、思ったより状態が悪く追加工事が必要になったりすることがあります。追加工事も必ず見積もりをもらいましょう。

           

          リフォームの内容によっては新しい家具を購入する必要があるかも。

           

          ローンを使う場合はローンの諸費用。金融機関への手数料(3万円程度〜)、火災保険料、保証料などがかかります。

           

          こう書いてみると、リフォーム資金には余裕が必要なんだなって思いました。

           

           

          もちろん小規模なら、引っ越しなどはいらないので、それほど余裕はいらないはずですが、リフォーム中に思わぬ不具合があったりしたら、追加で工事しないわけにはいかないですもんね。

          引越しは時期によって大きく値段が変わるので、早めの見積りをおすすめします。

          | リフォーム | 00:29 | comments(0) | - |
          リフォーム工事 内訳
          0

            JUGEMテーマ:リフォーム

             

            リフォーム工事を依頼すると内訳がついてきます。これでどんな工事にいくらかかるのかを大まかに知ることができます。

            内訳で使われる代表的なものとその意味

            仮設工事・・・足場をくんだりリフォームしない場所を傷つけないようにするなでの工事準備

            解体・撤去工事・・・リフォームする部分から不要なものを解体して撤去する。

            木工事・・・大工さんが木材を使って行うすべての工事

            建具工事・・・屋内のドアや引き戸、障子など(木製建具工事)、サッシなど(鋼製建具工事)

            内装工事・・・フローリングや壁紙、床・壁・天井の下地と仕上げ工事

            給排水設備工事・・・給排水の配管工事、キッチンなどの水回り設備とりつけなど。機器代金を含む

            電気工事・・・屋内の電気配線工事、屋外からの引き込み工事を含むこともある。

            左官・タイル工事・・・漆喰や珪藻土、モルタルを塗るような工事が左官。タイル工事はタイルを張る。

            塗装工事・・・床や壁に塗装する

            家具工事・・・収納や洗面カウンターを造作する

            諸経費・・・現場管理や営業経費


            さらに詳しくみるにはこのあとの明細をみる必要があります。
            どこにどんな材料を使うのか、キッチンやバスのメーカーや型番が書いてあるはずです。

            比較するときには総額だけでなく明細までみてみる必要があります。

            | リフォーム 経費 | 00:02 | comments(0) | - |